後閑養鶏園

tel 027-285-4125

大切な想い

「いのちと健康、おいしさを求めて」

T

病院に行っても「どこも悪くないと」言われ、山のように薬をもらってくる。入退院を繰り返す母を見て、食を改善することで助けられないかと思い、愛農会との出会いもあって、無農薬野菜と玄米食をはじめると、みるみる良くなる体調。農産物から来る農薬と、薬品の飲み過ぎの怖さに気づかされました。

その時から「いのちを守る農業こそ私の使命」と、農薬に頼らない米や、野菜づくりと、完全栄養食である卵づくりをはじめました。

今では、その思いを3人の子どもたちが引継ぎ、赤城山南麓の風土に根差し、自分たちが「本当に安心して食べれる食材」をたくさんの人に届けたいと思い、日々試行錯誤しながら 、それぞれが野菜、養鶏、お菓子づくりを行っています。

私たちの養鶏

安心して食べられる、体にやさしい卵をたくさんの人に届けたいと200羽から始まった養鶏は今では一万羽の鶏を飼育するまでになりました。昔からあるトウモロコシや大豆を使用し、 四季や鶏の体調の変化に応じて、独自配合の餌を与えています。

T

01 純国産品種

日本では5%ほどしか育てられていない、希少な国産品種の「ゴトウもみじ」と「ゴトウさくら」を育てています。

02 ストレスをあたえないこと

赤城山南麓は日本有数の日照時間を誇ります。陽の光を浴びて、さわやかな風を浴びられるよう、開放形の鶏舎で鶏を育てることで、 のびのびと育つことができます。

03 自家製のエサ

遺伝子組み換えされたものや、収穫後農薬がかかっているものは一切使用していません 。にんにくやオリゴ糖、自家製の有機野菜など。20種類以上の餌を厳選し、鶏の体調や 四季に合わせて独自の餌を与えています。

私たちの野菜・米づくり

良い野菜をつくるには、良い土づくり。
鶏糞を完熟発酵させ、その堆肥を使うことで可能な限り農薬を減らし、無化学肥料の野菜づくりをしています。

また、完熟鶏糞を使用した栄養たっぷりの土でコシヒカリを栽培しています。唯一使用する農薬は、田植えの際の除草剤一度だけです。

T

私たちのお菓子作り

T

素材の味わいを最大限に生かすことを考えて作った体に優しい味は、どこか懐かしさを感じさせるほっとする素朴な味わいです。着色料や 保存料は、一切使用していません。

tel 027-285-4125

 fax 027-285-4263

© GOKANYOKEI ALL RIGHTS RESERVED.